40代からの基礎化粧品を活かすために重要なことは?

40代からの化粧品を活かす要になるのが落とすケア

40代からの化粧品には、優れた美容成分をたっぷりとお肌に届けることができるシリーズが多数あります。ですが、せっかく贅沢な成分を配合した化粧品でも、お肌が汚れていると、しっかり効果を発揮することができなくなるのです。化粧品の効果を最大限に引き出すためには、まずは「落とすケア」が要になるというわけですね。

 

40代からの化粧品を活かす要になるのが落とすケア

メイクに合わせたクレンジングを

まず、落とすケアの第1ステップとなるのがクレンジングです。

 

  • 帰宅後すぐにクレンジングする
  • たっぷりの量を使用する
  • こすらずに優しく滑らせてしっかり馴染ませる
  • ぬるま湯でよくすすぐ

 

これらがクレンジングのコツになります。

 

それから、クレンジングに関しては選び方も大きなポイントになります。例えば大人気のオイルクレンジングですが、これはスピーディーに強力に落とすことができる、というメリットがある反面、お肌に必要な成分まで洗い流してしまいます。

 

濃いメイクの日のみオイル、ナチュラルメイクの日はジェルやクリーム、ミルクタイプを使用するなど、メイクに合ったクレンジングを行っていきましょう。

 

洗顔はゴシゴシ厳禁!

クレンジングの後には、さらにお肌に残った汚れやクレンジング剤などを落とすために、ダブル洗顔と言われる洗顔を行います。

 

  • きめ細かい弾力泡を作る
  • Tゾーンから泡を乗せる
  • 泡を転がすような感覚で洗う
  • 30回以上ぬるま湯ですすぐ

 

こういったコツがあります。

 

特に重要なコツは、ゴシゴシと力を込めてこするのではなく、弾力泡を転がすような感覚で洗顔していくことです。キメの細かい泡を転がせば、毛穴やお肌のきめの中に入り込んだ汚れまで、泡で絡め取ることができます。

 

ゴシゴシ洗いや熱いお湯での洗浄は、お肌を傷つけ、乾燥させる恐れがあるので要注意です。

 

落とすケアをきっちり行うと・・・

クレンジング、洗顔という落とすケアをきちんと行うと、

 

  • 酸化しやすい皮脂やメイク汚れを落としてアンチエイジング
  • その後の基礎化粧品が浸透しやすくなる

 

これらのメリットがあります。

 

毛穴やお肌のきめの部分に残ったメイク、皮脂といった汚れは、酸化という現象を起こします。そして、酸化したこれらはお肌にとって刺激となり、シミなどを起こす原因になるのです。

 

また、古い角質がお肌の表面に残った状態だと、せっかくの化粧品の成分が浸透してくれません。きちんと落とすことで、成分の浸透を妨げるものが無くなるため、より効率的に化粧水や美容液を活かすことができるのです。

関連ページ

化粧水も丁寧に浸透させないとダメ!
20代ごろのスキンケアでは、化粧水は手の平でパシャパシャとかけるだけ・・・という方もいたかもしれません。ですが、40代ともなると、このようなスキンケアでは追いつかなくなってしまいます。化粧水はお肌に潤いを補給するための重要なアイテムですので、とにかく丁寧に浸透させることを心がけましょう。
40代から取り入れたい美容液の使い方のコツ
これまでは「化粧水」「乳液」「クリーム」といった、ごく基本的なアイテムのみでケアしてきたという方も、40代頃になると、それだけでは物足りなくなってくることがあります。そんな時に活用したいのが、美容液というアイテムですね。そんな40代から取り入れたい美容液は、コツをしっかり押さえて上手に活用しましょう。
乳液やクリームもしっかり使おう!
40代になってくると、損なわれてしまうのはお肌の潤いだけではありません。お肌を健やかに維持するために、重要な働きをしているもう1つの成分、皮脂も少なくなってしまうのです。そこで重要な役割を果たしてくれるのが乳液やクリームといった油分を含むアイテムですね。上手に活用して、お肌の潤いを守りましょう!
化粧品が持つ効果をさらに高めるための裏ワザをチェック
40代からの化粧品は、選び方も大切ですが、使い方もとても重要な意味を持っています。せっかく高品質な化粧品を購入したのなら、その実力を最大限に活かせるように、裏ワザとして使えるテクニックも覚えておきましょう。お肌の状態に合わせて、裏ワザも駆使しながらスキンケアに力を入れていきたいですね。