40代からの基礎化粧品は化粧水の使い方がポイント!

化粧水も丁寧に浸透させないとダメ!

20代ごろのスキンケアでは、化粧水は手の平でパシャパシャとかけるだけ・・・という方もいたかもしれません。ですが、40代ともなると、このようなスキンケアでは追いつかなくなってしまいます。化粧水はお肌に潤いを補給するための重要なアイテムですので、とにかく丁寧に浸透させることを心がけましょう。

 

化粧水も丁寧に浸透させないとダメ!

コットン使いがおすすめ

化粧水をしっかり浸透させるためには、コットン使いがおすすめです。化粧水の成分を、お肌の各層に十分に浸透させるためには、ただ塗布するだけでは不十分なことが多いのです。そこで、コットンにたっぷりの化粧水を含ませて丁寧にパッティングを行えば、そんな浸透しにくい化粧水がじんわりと浸透してくれます。

 

コツは、

  • コットンを2枚指に挟む
  • ヒタヒタに化粧水を含ませる
  • 毛穴に叩き込む感覚で下から上に向かって細かくパッティングする
  • コットンが乾いてきたら化粧水を足す
  • お肌に触れてヒンヤリ感じるまでパッティングする

といった方法になります。

 

手の平で塗るだけだと、肌表面がベタついてしまいがちですが、コットンを使用すると、お肌が内側からふっくらする感覚を実感できるでしょう。

 

ケチケチするのはダメ!

化粧品のアイテムの中で、特に化粧水に関しては、ケチケチするのは厳禁です!お肌を健やかに維持するために、化粧水はとても大切なアイテムですので、とにかくたっぷりの量を丁寧に浸透させていきましょう。

 

高級過ぎて少しずつしか使えないというのであれば、化粧品を選び直した方が良いでしょう。高級で少ししか使えないものよりも、コスパが良くて思いきり使えるものを選んだ方が効果的です。

 

コットンで塗布する際も、手の平で塗布する際も、とにかく何度も重ねるようにして、「しつこいくらい」に化粧水をお肌に含ませておきましょう。

 

時にはスペシャルケアも!

毎日のスキンケアは、たっぷりの化粧水をコットンなどで丁寧にパッティングして浸透させる方法でも十分です。ですが、時間も精神面にも余裕がある時には、スペシャルケアを取り入れてみるのも良いですね。

 

  • Step1:大判のコットンかシートマスクに化粧水をたっぷり染み込ませる
  • Step2:洗顔後のお肌に乗せる
  • Step3:5分ほど置いてから取る

 

こうしてマスクすることで、よりじんわりとお肌の内側まで化粧水を浸透させることができます。

 

ただし、5分以上置くとコットンに化粧水が逆戻りする恐れがありますので注意しましょう。マスクは5分で十分です。

 

また、裏技として、このような保湿マスクをお風呂の湯舟の中で行うと、スチーム効果でよりしっとり感を実感することができますよ!

関連ページ

40代からの化粧品を活かす要になるのが落とすケア
40代からの化粧品には、優れた美容成分をたっぷりとお肌に届けることができるシリーズが多数あります。ですが、せっかく贅沢な成分を配合した化粧品でも、お肌が汚れていると、しっかり効果を発揮することができなくなるのです。化粧品の効果を最大限に引き出すためには、まずは「落とすケア」が要になるというわけですね。
40代から取り入れたい美容液の使い方のコツ
これまでは「化粧水」「乳液」「クリーム」といった、ごく基本的なアイテムのみでケアしてきたという方も、40代頃になると、それだけでは物足りなくなってくることがあります。そんな時に活用したいのが、美容液というアイテムですね。そんな40代から取り入れたい美容液は、コツをしっかり押さえて上手に活用しましょう。
乳液やクリームもしっかり使おう!
40代になってくると、損なわれてしまうのはお肌の潤いだけではありません。お肌を健やかに維持するために、重要な働きをしているもう1つの成分、皮脂も少なくなってしまうのです。そこで重要な役割を果たしてくれるのが乳液やクリームといった油分を含むアイテムですね。上手に活用して、お肌の潤いを守りましょう!
化粧品が持つ効果をさらに高めるための裏ワザをチェック
40代からの化粧品は、選び方も大切ですが、使い方もとても重要な意味を持っています。せっかく高品質な化粧品を購入したのなら、その実力を最大限に活かせるように、裏ワザとして使えるテクニックも覚えておきましょう。お肌の状態に合わせて、裏ワザも駆使しながらスキンケアに力を入れていきたいですね。