40代からの基礎化粧品は美容液の使い方がカギ!

40代から取り入れたい美容液の使い方のコツ

これまでは「化粧水」「乳液」「クリーム」といった、ごく基本的なアイテムのみでケアしてきたという方も、40代頃になると、それだけでは物足りなくなってくることがあります。そんな時に活用したいのが、美容液というアイテムですね。そんな40代から取り入れたい美容液は、コツをしっかり押さえて上手に活用しましょう。

 

40代から取り入れたい美容液の使い方のコツ

美容液は肌悩み別に選ぼう

美容液というアイテムは、化粧水よりもお肌に嬉しい成分を、濃縮して配合してあるものと考えることができます。より栄養が豊富で、強力に作用することができるのが大きなメリットです。

 

そのため価格も高額ですが、気になる肌悩みにピンポイントで働きかけたい時には、特に優れた効果が期待できるので、取り入れてみる価値があるでしょう。

 

  • シミ→美白美容液
  • シワ→シワ用の美容液
  • 目元やほうれい線→アイクリームなど

 

美容液を選ぶ際には、このような目的に応じたものを厳選することが大切です。自身のお肌のお悩みの中で、特に大きな悩みとなっているものに対して役立ってくれる美容液を選んで活用していきましょう。

 

美容液は使用する順番が大事

美容液は、使用する順番を間違えると、効果が半減してしまう恐れがあるので注意が必要です。

 

  • 化粧水の前→ブースタータイプの美容液
  • 化粧水の後→一般的な美容液

 

一般的な美容液は、化粧水でお肌を整えた後に使用することになっています。ですが、中には「ブースタータイプ」と言われる、「その後に使用する化粧水の浸透力を高める働き」があるものもあるのです。

 

使用する順番は、それぞれの美容液の使用方法をよく確認して、間違いのないようにしましょう。

 

美容液は使用方法を従順に守って!

美容液は濃度の濃い成分により、高い効果が期待できる反面、使い方を間違えれば刺激や負担になる恐れもあるので気を付けなければなりません。美容液を使用する際には、各商品に記載された使用方法を従順に守り、自己流の使い方などはしないようにしてください。

 

  • 使用量
  • 使用する部分
  • 重ねづけは可能かどうか

 

こういった点は特によく確認し、大量に使いすぎたり、使用すべき部分以外に使ってしまうようなことのないようにしてください。

 

化粧水のように「コットンでマスク」のような使い方をするのは、控えた方が安心ですね。

関連ページ

40代からの化粧品を活かす要になるのが落とすケア
40代からの化粧品には、優れた美容成分をたっぷりとお肌に届けることができるシリーズが多数あります。ですが、せっかく贅沢な成分を配合した化粧品でも、お肌が汚れていると、しっかり効果を発揮することができなくなるのです。化粧品の効果を最大限に引き出すためには、まずは「落とすケア」が要になるというわけですね。
化粧水も丁寧に浸透させないとダメ!
20代ごろのスキンケアでは、化粧水は手の平でパシャパシャとかけるだけ・・・という方もいたかもしれません。ですが、40代ともなると、このようなスキンケアでは追いつかなくなってしまいます。化粧水はお肌に潤いを補給するための重要なアイテムですので、とにかく丁寧に浸透させることを心がけましょう。
乳液やクリームもしっかり使おう!
40代になってくると、損なわれてしまうのはお肌の潤いだけではありません。お肌を健やかに維持するために、重要な働きをしているもう1つの成分、皮脂も少なくなってしまうのです。そこで重要な役割を果たしてくれるのが乳液やクリームといった油分を含むアイテムですね。上手に活用して、お肌の潤いを守りましょう!
化粧品が持つ効果をさらに高めるための裏ワザをチェック
40代からの化粧品は、選び方も大切ですが、使い方もとても重要な意味を持っています。せっかく高品質な化粧品を購入したのなら、その実力を最大限に活かせるように、裏ワザとして使えるテクニックも覚えておきましょう。お肌の状態に合わせて、裏ワザも駆使しながらスキンケアに力を入れていきたいですね。