40代の夏は過酷な環境に対抗できる基礎化粧品で!

夏のお肌は過酷な環境に対抗できるものを選ぶ

夏のスキンケアは、しっかり行わないと夏を終える頃には3歳も肌年齢が上がってしまうと言われているほど、大切なものです。夏はお肌にとって、特に過酷な季節ですので、優秀な基礎化粧品を使ってしっかりスキンケアをしていきましょう!

 

夏のお肌は過酷な環境に対抗できるものを選ぶ

夏はお肌への試練がいっぱい!

夏という季節には、お肌にとって「試練」と言っても過言ではない問題がたくさんあります。

 

  • 強い紫外線
  • エアコンによる乾燥
  • 汗による蒸れ

 

これらは特に代表的な問題ですよね。

 

紫外線はエイジング悩みをもたらす最大の元凶とも言えるものですので、徹底的にUVクリームによる防御をしながら、同時に基礎化粧品でお肌のターンオーバーを高めて、ダメージを排出していかなければなりません。

 

また、夏は見た目にはベタついているように見えるお肌も、エアコンによる乾燥などで、実は内側がカラカラに乾燥していることもあり、要注意です。汗が刺激になり、肌荒れを起こすこともありますので、「清潔→保湿」というスキンケアを徹底していくことが大切です。

 

夏の基礎化粧品選び

夏の基礎化粧品選びでは、以下のようなポイントに注目してみてください。

 

  • 保湿力が高いもの
  • 浸透力に優れているもの
  • 使用感がベタつかないもの

 

紫外線に負けない、ターンオーバーの整ったお肌を目指すためには、お肌の潤いはとても重要です。また、夏はどうしてもお肌のターンオーバーが低下し、浸透しにくくなりやすいため、潤いをお肌の内側に届けられるような工夫のあるものを選んでおきましょう。

 

それから、いくら保湿力に優れていても、使用感がベタつくようなものは、夏には不快に感じられてしまいます。快適にストレスなく使い続けられるということも、基礎化粧品選びに関してはとても大切です。潤うのにお肌の表面はさらっと仕上がるようなタイプの基礎化粧品を厳選してみてください。

 

夏の基礎化粧品の使い方

夏の基礎化粧品の使い方では、清潔と保湿を重視します。

 

  • 洗顔…メイクしていなくても毎日しっかり行うこと
  • 化粧水…内側まで届くように丁寧に馴染ませること
  • 美容液…お肌の状態に合わせて美白効果のあるものを使ってもOK
  • 乳液やクリーム…省かずに使うこと

 

夏は汗や皮脂でお肌が汚れやすいので、よく泡立てた洗顔料で、毎日汚れを落とすことが大切です。汚れが溜まっていると、化粧水なども浸透しにくくなるので、これは基本中の基本ですね。

 

それから、化粧水は表面だけを潤しても意味がありません。丁寧に内側まで届くよう、しっかり馴染ませていきましょう。美容液は、お肌に特にトラブルが無いなら、美白タイプを選んでおき、シミ悩みを残さないためのケアをしておくと良いですね。

 

さらに乳液やクリームを省いてしまうと、かえって皮脂分泌が過剰になりやすいため、これらも省かず、ステップは最後まで丁寧に行うことが大切です。

関連ページ

春は刺激に負けない肌作りを!
気温が上がり、花が咲き誇り、気分もなんだかワクワクしてしまう春という季節。ですが、そんな春はお肌にとって、特に「刺激」が多い季節でもあり、注意が必要です。40代からのデリケートになりがちなお肌を、春の刺激から守ってあげるよう、選び方や使い方に慎重になりましょう。
秋のお肌はお疲れ肌の改善が大切!
過酷な夏という季節が終わり、ホッと一息つける秋という季節。ですが、この季節には夏のお疲れがドッと出てきてしまうことがあるので注意が必要です。お疲れ肌をそのまま残してしまうことが無いように、秋には優秀な基礎化粧品を最大限に活用して、お肌をしっかり立て直していきましょう。
冬の厳しい乾燥には保湿力に優れた基礎化粧品で対抗!
冬は紫外線が和らぎ、ホッと一安心したい季節ですよね。ですが、そんな冬には、今度は「乾燥」というお肌の大敵が問題になってきます。乾燥に徹底して対抗していくためにも、保湿力に優れた基礎化粧品で潤いをどんどん補給していきましょう!