40代からの基礎化粧品で「くすみ肌」は改善できる?

くすみ肌をケアするにはお肌のターンオーバー改善が大事

40代ごろになると、特に何もしていないのに「疲れてるの?」なんて聞かれることが増える方もいます。その大きな原因は、くすみによる「お疲れ顔」です。暗いお肌は老けて疲れた印象に見えてしまうので、しっかりケアしていきたいですね。

 

くすみ肌をケアするにはお肌のターンオーバー改善が大事

くすみが起こる原因

くすみは20代頃の若いお肌でも起こりえる肌悩みの1つです。その原因は、

 

  • お肌の洗浄が不十分
  • 潤いが不足している
  • 生活習慣が乱れている

 

などの原因により、ターンオーバーが低下してしまうことにあります。ターンオーバーが低下すると、古い角質が剥がれにくくなり、角質が厚くなることで肌色も暗く見せてしまったりします。

 

これこそがくすみの原因ですね。

 

若い頃なら、スキンケアで少し気を付ければ改善されることが多いくすみですが、40代ごろは「年齢によるターンオーバーの低下」が原因になっていることが多く、普通にスキンケアをしていても、なかなか改善されないこともあります。しっかりケアして、明るく透明感溢れる美肌を目指しましょう!

 

水分バランスを整えよう

くすみ改善のための化粧品選びのポイントは、

 

  • 潤い補給
  • 油分の補給

という2つの役割をしっかり果たしてくれることです。

 

お肌の状態は、水分と油分の両方のバランスがしっかり整っていなければ良好とは言えません。水分ばかり補給しても、油分が不足してしまうと、皮脂が過剰分泌されたり、ターンオーバーが低下してくすみが起こる原因になります。

 

化粧水による保湿力はもちろん、クリームなどのアイテムも、質の良い油分をきちんと補給できるものを厳選してみましょう。

 

くすみ改善のためのスキンケア

くすみを改善するためには、まずは悪循環を断ち切らなければなりません。

 

 角質が厚くなる→化粧水が浸透しにくくなる→さらにターンオーバーが低下する

 

こういった悪循環に陥ってしまっていると、いくら化粧水を与えようとしても、思うようにいきません。まずはクレンジングや洗顔をきちんと行ったり、剥がすタイプのパック、拭き取るタイプの化粧水などで古い角質をしっかり取り除きましょう。

 

その状態で化粧水を「これでもか」というほどたっぷりパッティングしていくと、しっかり浸透してくれます。あとはクリームできちんとフタをすれば、潤いが維持され、健やかな肌になり、ターンオーバーも改善されやすくなるのです。

 

また、顔色を良くするために、マッサージなども取りいれてみると良いですね。

関連ページ

シワのお悩みには保湿力と保水力にこだわった化粧品でケア
40代になると、特に増えてくるのがシワという肌悩みです。シワがあるかないかで、見た目年齢が大きく左右されますので、しっかりケアしていきたいですよね。そこで、そんなシワ悩みを改善するための化粧品選びと、使い方のコツをチェックしてみましょう。
たるみ・ハリの低下には優秀な成分で徹底ケア
年齢と共に起こりやすいお肌のお悩みと言えば、たるみやハリの低下です。徐々に重力に逆らえなくなったお肌は、全体的に下がり、見た目にも老けた印象をもたらしてしまいます。そんなたるみやハリのケアにも、有効な成分をたっぷり補給して、美肌を取り戻しましょう!