40代からは基礎化粧品だけに依存しないことが大切!

基礎化粧品だけに頼らないのが40代からのコツ!

現代の基礎化粧品はとても優秀で、スキンケアだけでも、かなりお肌の変化が実感できるようになってきています。ですが、40代ともなると、さすがにお肌の表面からのケアだけでは物足りなくなってしまうこともあります。基礎化粧品だけに頼らず、インナーケアまでしっかり行ってこそ、40代からの美肌を維持していくことができるのです。

 

基礎化粧品だけに頼らないのが40代からのコツ!

基礎化粧品が働きかけるのは表面だけ!

40代のお肌にもしっかり働きかけてくれる優秀な基礎化粧品はたくさんあります。いずれもお肌に潤いを与え、適度な油分を与え、ターンオーバーを促進したり透明感をもたらしたりと、色々な効果をもたらしてくれますよね。

 

ですが、実はそんな基礎化粧品が働きかけることができているのは、お肌のごく表面の部分だけなのです。基礎化粧品は基本的に、角質層と言われる部分までしか浸透することができないため、それよりも深い部分のケアには、内側からの働きかけが必要となります。

 

  • シミ
  • 紫外線によるシワ

 

こういったお悩みの場合は、お肌の奥深く、真皮層に原因があるため、基礎化粧品だけでは限界があります。基礎化粧品での丁寧なスキンケアと同時に、インナーケアも徹底していきましょう。

 

インナーケアとは?

では、具体的にはインナーケアやお肌の内側からの働きかけというと、どんな風にすれば良いのか悩んでしまうところですよね。

 

  • 美容を意識した食生活
  • 質の良い睡眠
  • 表情筋を鍛える

 

こういったことが、インナーケアとして特に有効です。

 

食生活では、ビタミンやミネラルをしっかり摂取したり、コラーゲンを作り出す基になるアミノ酸などもしっかり摂り入れていきたいですね。さらに、時間だけでなく質にもこだわる睡眠をとることも、美肌のためには重要です。それから、表情筋を鍛えることで内側からお肌を支えることができれば、シワやたるみも起こりにくくなります。

 

基礎化粧品とインナーケアでダブルケア

40代になっても若々しく美しいお肌を維持するためには、基礎化粧品だけでもダメですが、インナーケアだけでも物足りなくなる可能性があります。どちらもそれぞれに大切な役割を果たしていますので、内側と外側の両側からダブルでケアしていくことが重要なのです。

 

お肌の外側には優秀な基礎化粧品で丁寧なケアをし、お肌に直接働きかけていきます。そして内側には食べ物や睡眠、表情筋のトレーニングなどで働きかけることで、活き活きと美しい、若々しいお肌を手に入れられるというわけです。

 

いくら基礎化粧品が優秀でも、こればかりに頼って生活習慣がボロボロでは、なかなか実感することができません。体の内側からのケアも忘れないように注意していきましょう。

関連ページ

摩擦に注意して使おう!
40代からの基礎化粧品の使い方で、特に注意しなければならないのは摩擦です。摩擦はお肌に多大な負担をかけてしまい、シミ、シワ、たるみを起こす原因にもなります。摩擦には徹底的に注意しながら、優しく丁寧にスキンケアしていきましょう。
使用する際には順番を守ることが大事!
40代からの基礎化粧品に限らず、スキンケアに使用するアイテムは、「正しく使用する」ということが特に重要になります。各メーカーがそれぞれに、丁寧な研究の結果、ベストな使用方法を提案しているわけですから、これを勝手に自己流に変えてしまうと、効果が半減してしまう恐れもあるのです。
じっくり続けることが大事!
40代からの基礎化粧品を使う際、つい「即効性」を求めてしまう方がいます。確かに、中には使い始めた翌日にお肌が元気になったような感覚を実感できる基礎化粧品もあります。ですが、お肌を根本から変えていくためには、基礎化粧品は長くじっくりと使い続けなければ意味が無いのです。