40代の脂性肌は化粧品でインナードライ対策!

脂性肌ならインナードライ肌に効果的な40代化粧品を!

年齢を重ねると、一般的にはお肌は乾燥しやすくなる傾向があります。ですが、中には年齢と共に、逆に「お肌が脂っぽくなってしまった」というお悩みを抱える方もいるのです。「脂性肌」という肌質に悩まされる方は、実は「インナードライ肌」と言われる状態であることが多いため、40代からの化粧品の選び方と使い方でしっかり対策していきましょう。

 

脂性肌ならインナードライ肌に効果的な40代化粧品を!

40代からの脂性肌の原因

40代から脂性肌が悪化してしまうのには、いろいろな原因が考えられます。

 

  • ホルモンバランスの変化
  • お肌の乾燥

 

特にこういったことが、大きな原因になっていることが多いですね。40代になると、早い人だと更年期に入ってくる方もおり、ホルモンバランスが乱れやすくなります。その結果、皮脂の分泌を盛んにしてしまうプロゲステロンという女性ホルモンが優勢になってしまうことがあります。

 

さらに、年齢と共にお肌の潤いが損なわれてしまい、「これ以上潤いを逃さないために」と皮脂が過剰分泌されているケースもあるのです。つまり、40代からの脂性肌をケアしていくためには、意外と「潤いを与えるケア」が重要であるということが分かります。

 

脂性肌の化粧品選び

脂性肌の方は、40代からの化粧品選びにこだわることで、十分に改善できる可能性があります。

 

  • 浸透力の高いもの
  • 優れた保湿力のあるもの
  • リラックスできる香りのもの

 

こういった点にこだわった基礎化粧品選びをしてみましょう。

 

インナードライ肌が原因の脂性肌の場合は、しっかり内側に潤いを浸透させることで、過剰な皮脂分泌が抑えられる可能性があります。また、リラックスできるお気に入りの香りの化粧品を使用すれば、睡眠の質が向上し、ホルモンバランスの乱れを整えるのにも役立つ可能性がありますね。

 

脂性肌の化粧品の使い方

脂性肌にお悩みの方は、化粧品の使い方にも工夫してみてください。

 

  • 洗顔し過ぎない
  • コットンで丁寧に化粧水をパッティングする
  • 乳液やクリームは量を調整しながらきちんと使用する

 

脂性肌の場合、油分が気になって「過剰な洗顔」をしてしまう方は少なくありません。ですが、毎日何度も洗顔したり、強い洗浄料でゴシゴシこすったりしてしまうと、かえって過剰な皮脂分泌を起こしかねないので注意が必要です。

 

それから、化粧水がしっかり浸透していない場合も脂性肌悩みが起こりやすいので、コットンを使って丁寧にパッティングしてみると改善される可能性があります。乳液やクリームを使うことで、余分な皮脂が出にくくなるので、これらも省かずきちんと使用しましょう。

 

あとは、ホルモンバランスを整えるために、生活習慣にも気を付けてインナーケアをしていけば、脂性肌悩みともサヨナラできる可能性大です!

関連ページ

乾燥肌はアンチエイジングの大敵だからしっかり対策!
多くの肌悩みの元凶となる肌質と言えば、乾燥肌ですね。乾燥したお肌は、シミ、シワ、たるみなどあらゆる年齢肌悩みをもたらしてしまいます。そんな厄介な乾燥肌にも、優秀な40代化粧品で徹底対抗していきましょう!
厄介な混合肌も徹底対策して肌質改善!
スキンケアで迷いやすいのが、「混合肌」と言われるタイプの肌質ですね。部分的に乾燥していたり油分が多かったりで、一体どのタイプの化粧品を使えば良いのか、悩んでしまう方も多いでしょう。特に40代頃から、混合肌と言われる状態になる方は少なくないので、化粧品の工夫で肌質をしっかり改善していきましょう。