40代からの基礎化粧品の使用ステップは?

ステップが面倒なものも多い!

スキンケアというのは、余裕がある時には楽しいものですが、多忙な時には面倒なものになってしまいますよね。そのため、中には「できるだけステップが少なく、楽にケアができる化粧品を選びたい」という方もいらっしゃいます。ですが、40代ごろから使い始めるアンチエイジング化粧品は、ステップが面倒なものが多いのです。

 

ステップが面倒なものも多い!

手間ひまかけることの重要性

手間ひまかけないスキンケアは、確かに楽で魅力的ではあります。20代ごろのお肌なら、化粧水と乳液を軽く塗布しておくだけで、キレイなお肌を維持できたかもしれません。ですが、40代のお肌はそういうわけにはいかないのです。

 

40代からのお肌は、

  • 角質が厚くなり浸透しにくい
  • 不足しがちな成分が増える

といった問題点があります。

 

そのため、適当に塗布するだけでは浸透せず、お肌に成分をしっかり届けることができなくなる恐れがあるのです。そんな時に、化粧水→美容液→乳液→クリームといった丁寧なステップを踏むことで、1つ1つのアイテムを、お肌にしっかりと浸透させていくことができます。

 

水分を与え、仕上げに油分でフタをする、という理想的なケアをすることができるので、40代からの年齢悩みが出てきたお肌にも、しっかり働きかけることができるというわけなのです。面倒というのはデメリットではありますが、それだけの手間ひまをかけることには、ちゃんと意味がある、ということを忘れてはなりません。

 

やり過ぎケアのデメリット

40代からの化粧品は、いくつかのステップを重ねながら、丁寧にケアしていくことが重要になります。ですが、だからと言って「とにかく与えるケアを徹底すれば良い」というわけではないので、注意が必要です。

 

特に敏感肌の方の場合、やり過ぎケアをしてしまうと、お肌に強い刺激を与えてしまう恐れがあります。

 

  • ステップの度にお肌を強く摩擦してしまう
  • 色々なメーカーの化粧品を重ねてしまう

 

こういったやり過ぎケアは、肌トラブルの原因です。ステップが多いアンチエイジング化粧品は、お肌に触れる回数も増える分、1回1回を優しく丁寧に行わなければなりませんね。

 

ステップを楽にする方法

ステップが面倒なスキンケアというのは、長続きさせにくいというデメリットがあります。ですが、アンチエイジング化粧品はできるだけじっくりと使い続けていくことが、しっかりと効果を実感するための重要なポイントです。

 

そこで、できるだけ楽に続けられるように工夫してみましょう。

 

  • 大判のコットンに化粧水を浸して保湿マスクする
  • 肌状態に合わせて使うアイテムを変える

 

大判のコットンで保湿マスクをすれば、時間をかけてパッティングをする必要がなくなり、マスクしたままで家事なども行えます。それから、お肌の状態に合わせて美容液の使用を控えてみるのも1つの方法です。肌状態が良好な時には、美容液を省いたシンプルケアを試してみても良いでしょう。

関連ページ

40代からのアンチエイジング化粧品はコストが高い
20代の頃は、数百円で購入できる激安コスメでも、それなりにスキンケアができていたかもしれません。ですが、そういうわけにはいかなくなるのが40代からの化粧品です。高品質な成分を配合してある分、どうしてもコストが高くついてしまうというのが、最大のデメリットというべきところでしょう。
刺激が強いものが多い!
ストレスや生活習慣の乱れなど、様々な要因により、お肌がデリケートになってしまっている方が増えています。「敏感肌」と言われる状態ですね。残念ながらアンチエイジング化粧品と言われる40代におすすめの化粧品は、刺激が強いものも少なくありません。敏感肌の方は、選ぶ際には慎重にならなければならないのです。